初心者の初心者による初心者のための複製-5-なんとレジンを流すのは次回!!

こんにちは。

少し空いてしまいました(;゜0゜)
今回から複製編です♪

★★★部屋をよく換気し、必ずゴム手袋とマスクをして作業しましょう★★★

①原型、プラ棒、爪楊枝、針金をはずした型にレジンの注入口を作ります。

★デザインナイフやカッターでレジンの注入口を作ります。
★レジンが行き渡るように爪楊枝や針金で作った通り道を確認して下さい。ふさがっていたら慎重に通り道をつくります。

②型に離型剤を塗り、乾かします。

★エアブラシで吹き付けると均一に塗ることができるためオススメです。

③乾いた型にベビーパウダーをふりかけたのち、粉を落とす。

★この方法も教えていただいたのですが、毛細管現象といってレジンが型全体に行き渡りやすくなるそうです。
★粉の塊が残らないようにぽんぽんとはたいて粉を落としてください。
★はたいて落とした粉は何度でも使えるので捨てないようにしましょう。

④型を板で固定します。

★型を合わせた時レジンが漏れないように板で挟み、平ゴムや輪ゴムでまきます。
★合わせた型に直接輪ゴムをまいてしまうと型が変形するため板を使用しています。
★私はクランプで板を挟んでいますが、その際は強くしめすぎると型が変形してしまうので型同士に隙間ができない程度にとどめて下さい。

次回はついにレジンを流します!!

   

この記事へのコメント